So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカン・スタイル [American life]

聞きたいことがあって担当者のキューブに行く。

「なんだい、話って?」

といって彼はおもむろに両足をデスクにのせ、両手をお腹にのせてまるでマイアミのビーチで日光浴をしているかのようなポーズをとった。

わざわざそんな格好せんでも・・・

所変わってチームでのミーティング中、耳に入るくちゃくちゃというノイズ。

ガムを噛み、上司が話している横でプゥーと膨らます輩もいたりする。

大リーガーかよ!と思わず三村突っ込みを入れそうになる自分を抑えるのが大変だ。

他の会社は知らないがうちの社内では仕事中にヘッドホン音楽を聴くのはNo problem。最初は抵抗があったが、人がいなくなる夕方ぐらいからは今や普通に聴いている。

ある日全く会議も何もない日があり、一日中エンヤのOnly timeをリピートして聞いていた。いやー癒されすぎて気持ち悪くなっちゃいましたよ。なんだか自分がとってもいい人、純度100%になったような錯覚に陥ってある意味危険な状況に。

こんな生活になじんでしまうと日本に戻った時に大変そうだ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

小島澪

映画の世界じゃなく、
本当にそういう姿勢で人の話を聞いたりするんですねえ。
仮にそのような態度をとられた時に、「俳優気取り?」と思うのではなく、
それがアメリカンスタンダードなのだと思わなくてはいけないのですね。
海外出張でよその国のオフィスを体感すると、
海外赴任をしたら日本に戻って来て仕事をするのが
嫌になる人もいるだろうなあ、と思います。
なんだか時間の流れというか、「きっちり感」が海外は違いますね。
by 小島澪 (2006-07-22 00:46) 

a2c

オフィスに限ったことではないのですが、女性の笑い方がとても
気になります。なんと豪快に笑うのだろうと。
この辺りは大和撫子を見習ってほしいものです。
by a2c (2006-07-27 11:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。